• ホーム
  • の 「2012年04月」の記事一覧

2012年04月22日

4月の定例会は、元気印の女性ボーカリストに圧倒?? K君の「スペイン」で女性陣うっとり! 4/17 (火)

この日は、NYからの帰国後数日しか経っていないため、少し時差ぼけの残るまま赤坂へ。

006.JPGジュリがいきなりヤングマンを同伴で入店!と思いきや息子のケント君。以前横浜もJamLabで一度会っているが、その後大学に入ってサークルでギターをがんがんやっているらしく、今日のセッション楽しみハート

004.JPGそこにギターのHさんが女性同伴で現れる。先月のKちゃんの銀座のライブで知り合ったとか。新しいVoで、どんな歌を披露してくださるのか楽しみ!

今月はPのマサさんがNYに長期帰国のため、Tさんが代理でやってくださることに。そのためベースには前々月にいらして下さったIさんが来て下さった。

始めて参加のVoのMさんからスタート!「All of me」をスキャットアドリブを交えて、元気に歌ってくれた。とにかくHさんとのギターDuoをしたくていらしたというので、ボサノバでのDuoも実現していただきました。

何と言ってもこの日一番の盛り上がりは、ケント君の「Spain」カッコイイ!!女性陣のうっとりした顔・顔・顔・
又どんどんレパートリーを増やして来てくださいね!
001.JPG

先月からレギュラーで来ていただいているAさんには、お菓子の手土産もいただきまして、ありがとうございました。

最後は、私のピアノで全員「Fly me to the moon」を歌ってお開き!!

来月は私もトリオできちんと演奏しなくちゃ!!♬

posted by ジャズ同好会「J」 at 10:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 月例会の様子はこちら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月08日

SHOKO WITH NORMAN'S QUARTET AT BLUE NOTE NY - 4/8(SUN)BRANCH -

ちょうどNYに着いた2日後の日曜日、BLUE NOTEのブランチでしょうこさんがライブをするというので、駆けつけた。

NYのBLUE NOTEは、日本よりも小さく、食事もありふれたハンバーガー程度で、日本のBLUE NOTEを知っている人にとっては、ちょっとがっかりさせるかも知れない。NYでは、この店だけが日曜日に「サンデーブランチ」と称する昼間のジャズをやっている。
12時半と2時半の2ステージだったが、私達3人は物足りないので、両方いたので、MCも2回分とられた(当たり前か?)

Shoko Amano (Vo)
Norman Simmons (ph)
Paul West (ba)
Sheila Earley (dr)

今回NYで始めて会ったMさんも是非聴いてみたい、というのでお連れした。
テーブルに着いて、数分経つと、見覚えのある顔の男性が現れる。やーだ、しょうこさんのマネージャーのYさんだ。来る前に連絡したけど、何も言ってなかったなぁ・・・でも本当にびっくり!

041.JPGこの日にライブで特筆すべきは、何と言っても女性のドラマーシーラ。しょうこさんは彼女と最近数回やっているけれど、ピアノのノーマンの弟子になってからめきめき上手くなっているとか!

それに、美人でかわいい!もちろん結婚していて子供もいるとかいないとか。すごいなぁ・・・あこがれ!きっとキャサもいたら感激するに違いない、と思って少し話して写真もとらせてもらった。

それから、しょうこさんが2ステージ目で着たドレスは私の亡くなった大親友の未着の物。よくクルーズをしていた彼女がオーダーで作ったらしい。しょうこさんにはとても似合っていた。035.JPG

一度ホテルに戻って、前載の「DIZZY'S CLUB」へ行く事に。

posted by ジャズ同好会「J」 at 15:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月08日

Joe Locke Quintet with Kenny Washington at Dizzy's Club NY -4/8(Sun)-

NYに行ってジャズを聴こうと思えば、はずれがないと言われる超有名ライブハウス「Dizzy's club at Lincon center」に4人で出かけた。052.JPG

昼間偶然Blue Noteで会ったYさんに誘われるままに、出演者も誰だかわからず、でも摩天楼がバックに見える大好きなライブハウスなので、
そこで他の3人と待ち合わせた。
同じフロアーに全く違うライブハウスがあり、そこに間違って並んでしまい、時間ぎりぎりになってしまった。

ラッキーにもテーブル席が取れたというので、ばっちグー。最高の席で聴くことに。

Joe Lockeは有名なビブラフォン奏者。Dado Moroni, Geroge Mraz, Clarence Pennと名高いメンバーら・し・い。

とにかくこの日驚いたというか、感激したのはVoのKenny Washington. サンフランシスコ在住の彼を、このリーダーのJoeが見出したらしい。彼の歌はバラードからスティービーワンダーのレパートリー、なんでもありなのだ。スキャットが神業的にすごい!Voのしょうこさんも同席したが、彼女も目を輝かせて聴いていた。うーん、収穫ありだ!
054.JPG
帰国してHPで彼の事を調べてたら、何と赤坂の定例会に一度来てくれた「ジャズ道楽」の小川さんのプロデュースで、日本に来ていたようだ、わー残念!
You tubeもあるので、是非一度彼の歌声を聴いてみて欲しい。http://www.jazzdoluck.com/kenny_washington.html

上の写真は、ドラムの彼で、Kennyではありません。

posted by ジャズ同好会「J」 at 14:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月04日

山ちゃん最強トリオでBodyに 3/31(土)ハートバースデープレゼント持参でハート

3月23日がバースデーだった山ちゃに恒例のプレゼントを持参で、Bodyに出かける。004.JPG

この日はあいにくの強風で昼間どうなるかと思う程だったが、夕方ぴたっと雨風がおさまり、Yさんと待ち合わせて早めの来店!

老舗のBody&Soulも最近は集客が大変、との噂もあったがどっこい、この日はどうしてどうしてウエイターを呼んでもなかなか来ない有様。

でも最強のトリオ(山ちゃん・大隅ちゃん・チンさん)という事もあり、ほとんど満員状態。Mistyの時代からのファンと思しき中年の人たちがグループであちこちに。001.JPG「久し振りの大隅ちゃんと」

この日のお目当ては、山ちゃんにバースデープレゼントに買ったチャイナ服が合うかどうか、だ!何せ5年ほど前に差し上げた茶色のチャイナ服がお気に入りで、冬はだいたいそれを着ての登場!そのあと買った2枚のチャイナ服はサイズが合わないとかでお蔵入り。なので、今回は是非ともぴったりである事を願って・・・・

1stステージが終わったところで、おトイレにて試着してもらう。ちょっと大きいけど悩ましいところ・・・でも本人がやはりちょっと大きいね、というので、1サイズダウンのと交換してもらう事に。でも色とか気にいってくれたみたいで、良かったわん。

次回は、それを持って又ライブに行きますので、今度は実際着た写真を載せますね。楽しみにハート

この日は山ちゃん3度目のキャサも駆けつけてくれたんだわ。彼女の前のドラムの先生という久米さんが何曲かやりました。ラテンがお得意みたいでしたが、やっぱ上手いね。

006.JPG  007.JPG


という事で、曲はいつものレパートリーなのでこんなところでした。

posted by ジャズ同好会「J」 at 09:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。